香茶屋
MENU
エチオピア・シェカ・カヨカミノ農園・ナチュラル
エチオピア・シェカ・カヨカミノ農園・ナチュラル
エチオピア・シェカ・カヨカミノ農園・ナチュラル
エチオピア・シェカ・カヨカミノ農園・ナチュラル

カテゴリー:コーヒー豆

浅煎り(ライトロースト) メール便対応

エチオピア・シェカ・カヨカミノ農園・ナチュラル

フレーバー
フルーツの酸味
ボディ
ローストの甘さ
苦味

エチオピアの特徴は、爽やかで上品なフルーツの酸味とフローラルやフルーティなフレーバー。
フルーツ感はライブリーなシトリックやリンゴ、ストーンフルーツ、トロピカルフルーツ。ハーブ感と合わさりティライク(紅茶のような)なフレーバーも。
ナチュラルならではの「柔らかな質感」が好印象です。

※香茶屋では、品質を落とさないでお客様の手元までコーヒー豆を届けたい思いから、コーヒー豆は「豆のまま」でのみの販売とさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

このコーヒー豆の特徴

香茶屋ではエチオピアの仕入れには特に気を使う商品の位置付けになります。
それは、花ブレンドで重要な役割を担うこと、そして単品としても満足のいくクオリティが無ければなりません。

今年〜来年にかけて仕入れたエチオピアはこれまでに例が無い、ナチュラル。
ナチュラルは、その性質上どうしても発酵臭が登場し易く、当店の焙煎機ではなかなかクリーンなフルーツの酸味や甘さを登場させることが難しい特性がありました。

しかし、今回仕入れたカヨカミノ農園・ナチュラルは生産処理が素晴らしい。
ナチュラルと言われないと、気づかない程、そのフルーツの酸味がしっかりとクリーンに登場しています。

今回仕入れをした、エチオピア西部はフォレストコーヒーの産地として知られるエリア。
フォレストコーヒーとは、自生しているコーヒーの木や、森の木々を伐採せずに森の中に植樹をしてコーヒーを栽培するコーヒーのこと。
一般的にフォレストコーヒーの評価はあまり芳しくはありませんが、その理由はエレアナさん曰く「土地や環境ではなく、落下した実や未熟の実を混ぜてしまうことで、フォレストコーヒー本来のポテンシャルを発揮できていないから」だと考え品質向上に取り組んでいます。

まだ誕生して間もないカヨカミノ農園の記念すべき初収穫のナチュラル・コーヒーですが、これからもその生産が期待できるカップに仕上がっています。

この豆の焙煎による味づくり

ライトローストの浅煎りの焙煎で、クリーンで爽やかなフルーツの酸味や甘さを登場させます。
液体の質感はナチュラル特有の柔らかさを上品に登場させます。

ナチュラルの特徴は、ウォッシュドと比べると華やかなフルーツ感が登場すること。
エチオピアの特徴でもあるフローラル感やフルーツ感も華やかなフローラルとフルーツが登場しています。

ですので、フルーツの酸味と甘さをローストにより登場させれるように取り組みたいと考えます。
トロピカルフルーツやストーンフルーツ、シトリック、リンゴなどの酸と甘さ。

産地情報

生産地/農園名:
エチオピア・西部・シェカ / カヨカミノ農園
生産者:
モプラコ社 / エレアナ・ジョーガリス
生産処理場:
カヨカミノ農園
生産処理情報:
ナチュラル
標高:
1,900 ~ 2,050m
品種:
エチオピア原生品種
生産年度:
2020~21

カッピング・プロフィール

甘さ(Sweet):
※オレンジ色のネクタリン(ジューシー)、ミルクキャラメル
※ある程度冷めた時点から登場する。
酸味(Acidity):
マリック(赤色のリンゴの酸)、シトリック(黄色〜オレンジ色〜赤色の柑橘系の酸)、ストーンフルーツ(桃の酸:核果系)、ライブリー
液体の質感(Mouth Feel):
スムースマウスフィール
フレーバー(Flavor):
黄色〜オレンジ色のトロピカルフルーツ(バナナ)、オレンジ色〜赤色のシトラス(柑橘系)、黄色〜赤色のリンゴ、オレンジ色・うすいピンク色のストーンフルーツ(核果系 / モモ)、ピンク色〜紫色のフローラル、ティーライク
Flavor(ベース):フルーツ
Flavor(ロースト由来):キャンディ
余韻(After-Taste):
ロングアシディティ
当店の評価(Point):
87.0

ボディ感(ミディアムライト)はそれほどの厚みは感じられませんが、柔らかでそれでいてジューシーなナチュラル・コーヒー。
とてもクリーンな印象ですが、柔らかさがあるため「くっきり」という訳ではなく、「雑味がない」と言ったら伝わるでしょうか。
終始フルーツ感が楽しめる、エチオピア・コーヒーです。

学ぶ。

Online Seminar

香茶屋では、店主である私が歩んできた道を分析し、感覚が成長していく歩み方を伝えてゆくことで、正しいロジックのもとで各講座の「学ぶ。」が運営されています。

オンラインセミナーの詳細へ

読み物。

Blog

© kaori-chaya