香茶屋
MENU
ショコラブレンド

カテゴリー:コーヒー豆

深煎り(フルシティロースト) メール便対応

ショコラブレンド

フレーバー
フルーツの酸味
ボディ
ローストの甘さ
苦味

ブラジル・シティオ ダ トーレ農園、グァテマラ・イシュバン、コロンビア・エルディビソ農園をアフターミックスした、フルシティロースト(深煎り)主体のブレンドです。

※香茶屋では、品質を落とさないでお客様の手元までコーヒー豆を届けたい思いから、コーヒー豆は「豆のまま」でのみの販売とさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

このコーヒー豆の特徴

ブラジル・シティオ ダ トーレ農園50%、グァテマラ・イシュバン35%、コロンビア・エルディビソ農園15%をアフターミックス(単品焙煎後にブレンドすること)された香茶屋オリジナルの深煎りブレンドです。

ブラジルが味のふくよかさを作り、コロンビアが上品で微かにフルーツの酸味の奥行きと骨格を作っています。
グァテマラはブラジルとコロンビアの仲を取り持っています。

この豆の焙煎による味づくり

ブラジル・シティオ ダ トーレ農園をメインで使用することで、ローストの粘性と甘さのふくよかさをベース(キャンバス)にしています。

グァテマラ・イシュバンをサブ・メインとし、ブラジルで作った茶色く甘いキャンバスに、中間色を混ぜていきます。

コロンビア・エルディビソ農園の役割は、酸味のフルーツ感を微かに登場する演出をしてます。

産地情報

生産地/農園名:
ブラジル・シティオ ダ トーレ農園 / グァテマラ・イシュバン /コロンビア・エルディビソ農園
生産者:
それぞれのページに記載
生産処理場:
それぞれのページに記載
生産処理情報:
それぞれのページに記載
標高:
それぞれのページに記載
品種:
それぞれのページに記載
生産年度:
2020~22

カッピング・プロフィール

甘さ(Sweet):
キャラメル、チョコレート
酸味(Acidity):
マリック(赤いリンゴ)、タータリック(赤いぶどう)
液体の質感(Mouth Feel):
ローストによる豊な粘性
フレーバー(Flavor):
キャラメル、チョコレート、カカオ、フルーツ
Flavor(ベース):ウッディ
Flavor(ロースト由来):キャラメル(茶色)、チョコレート(茶色)
余韻(After-Taste):
ロングブラウンシュガー
当店の評価(Point):
85.0

比較的コーヒーが好きな人に好まれる傾向のあるブレンド・コーヒーです。

メインにフルシティローストのブラジルを使うことで、柔らかな苦味と質感が楽しめ、余韻まで長くその滑らかさが楽しめます。

ブラジルにボリュームが無いので、コロンビアとグァテマラで、補うようにボリュームと少しだけ酸味を加えています。

学ぶ。

Online Seminar

香茶屋では、店主である私が歩んできた道を分析し、感覚が成長していく歩み方を伝えてゆくことで、正しいロジックのもとで各講座の「学ぶ。」が運営されています。

オンラインセミナーの詳細へ

読み物。

Blog

© kaori-chaya