香茶屋
MENU
ペルー・ヤナコチャ農園・ウォッシュド
ペルー・ヤナコチャ農園・ウォッシュド
ペルー・ヤナコチャ農園・ウォッシュド
ペルー・ヤナコチャ農園・ウォッシュド

カテゴリー:コーヒー豆

中煎り(ミディアムロースト) メール便対応

ペルー・ヤナコチャ農園・ウォッシュド

フレーバー
フルーツの酸味
ボディ
ローストの甘さ
苦味

ウォッシュド・プロセスのコーヒーですが、とても柔らかな酸味を楽しめるペルー・コーヒーです。
スッキリとクリーンなスムースな質感とスイートオレンジを思わせるフレーバーとミルクキャラメルのような甘さが楽しめます。

※香茶屋では、品質を落とさないでお客様の手元までコーヒー豆を届けたい思いから、コーヒー豆は「豆のまま」でのみの販売とさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

このコーヒー豆の特徴

ペルーは酸味や質感が柔らかいのですが、高地で栽培される産地の一つです。
高地での栽培の特徴は、なんと言っても「酸味のフルーツ感」だと思っています。

元々ペルーは、スペシャルティコーヒーの生産地としては知られていない生産地でしたが、2017年に開催されたCOE(カップオブエクセレンス)をきっかけに、ペルーのスペシャルティコーヒーの知名度が世界中に広がることとなりました。

それをきっかけに生産者もスペシャルティコーヒーへの熱意が高まり、多くの小規模農家も良質なコーヒーを手がけることに繋がりました。

ヤナコチャ農園で栽培している品種は、ブルボンとティピカで、手動の果肉除去機を使ってウォッシュドコーヒーを生産しています。
収穫では、コーヒーチェリーを厳選して収穫し、発酵プロセスや洗浄、乾燥プロセスも丁寧に行っているそうです。

画像でもわかるように、乾燥プロセスではドライテーブルを使用していることも、このペルーのクリーンさに繋がっていると思われます。
その丁寧さが、味わいとなって登場しているのです。

この豆の焙煎による味づくり

このペルーは、花ブレンドにも使用することを考慮して仕入れをしています。

花ブレンドの中の位置づけでは、メインに続くサブ・メインのポジションです。
そのため、ミディアムロースト(中浅煎り)ですが、このペルーの持つ柔らかなフルーツの酸味と、柔らかな液体の質感を活かすローストを探ります。

フレーバーのベースにウッディが登場するので、そのベースのウッディ感をどう組み合わせるかが、焙煎士の腕の見せどころ。

液体の上品な質感と合わさり「ミルクキャラメル」のような甘さもこのペルーの特徴だと思います。

産地情報

生産地/農園名:
ペルー・プーノ・サンディアバレー / ヤナコチャ農園
生産者:
バージニア キスペ ピント
生産処理場:
ヤナコチャ農園
生産処理情報:
フリーウォッシュド
標高:
1,820m
品種:
ブルボン、ティピカ
生産年度:
2020~2021

カッピング・プロフィール

甘さ(Sweet):
ミルクキャラメル
酸味(Acidity):
シトリック(柑橘系の酸)、マリック(リンゴの酸)
液体の質感(Mouth Feel):
スムースMF(ウォシュド由来のスッキリとしたクリーンなスムース感)
フレーバー(Flavor):
シトラス(オレンジ色の柑橘系:スイートオレンジ)、シナモン(ウッディ+赤色のフレーバー)、ハーブ、ブラウンシュガー(ミルクキャラメル)
Flavor(ベース):ウッディ、ハーブ
Flavor(ロースト由来):キャラメル
余韻(After-Taste):
ロングスムース、ロングアシディティ
当店の評価(Point):
86.0

柔らかい質感と酸味が特徴のペルーコーヒーです。
コーヒーが苦手な方も、このペルーなら美味しく召し上がれると思います。

学ぶ。

Online Seminar

香茶屋では、店主である私が歩んできた道を分析し、感覚が成長していく歩み方を伝えてゆくことで、正しいロジックのもとで各講座の「学ぶ。」が運営されています。

オンラインセミナーの詳細へ

読み物。

Blog

© kaori-chaya