香茶屋
MENU
コロンビア・サントゥアリオ農園・アナエロビック W(シトラススイートネス)
コロンビア・サントゥアリオ農園・アナエロビック W(シトラススイートネス)
コロンビア・サントゥアリオ農園・アナエロビック W(シトラススイートネス)
コロンビア・サントゥアリオ農園・アナエロビック W(シトラススイートネス)

カテゴリー:コーヒー豆

浅煎り(ライトロースト) メール便対応

コロンビア・サントゥアリオ農園・アナエロビック W(シトラススイートネス)

フレーバー
フルーツの酸味
ボディ
ローストの甘さ
苦味

嫌気性発酵(アナエロビック・ファーメンテーション)を施した後、ウォッシュドにて生産処理したコロンビア・ウォッシュド・コーヒー。
アナエロビックでは、フレーバーの複雑さが特徴なのですが、生産処理も素晴らしく、クリーンな素材由来のフルーツの酸味や質感の良さも楽しめるコーヒーです。

※香茶屋では、品質を落とさないでお客様の手元までコーヒー豆を届けたい思いから、コーヒー豆は「豆のまま」でのみの販売とさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

このコーヒー豆の特徴

カウカ県ポパヤンの標高1900mに位置するサンチュアリオ農園。
1999年に始まったこの農園は、サスティナブルなコーヒー生産を目指し、スペシャルティコーヒーの生産に特化した先駆的な農園です。
農園では、設立当初より様々な品種の生産、適合性の調査などが行われており、オーナーのカミーロ氏は常にコーヒーを探求してきた人物でもあります。

2010年前後、気候変動の影響を受け、生産量が激減してしまったものの、管理体制を一新し、カウカの気候との適合性を把握し、より品質に根差したコーヒーの生産に力を注いいます。

<アナエロビック・ファーメンテーション>
彼らがシトラススウィートネスと名付けたアナエロビック・ファーメンテーション・プロセスは、2回の発酵工程と彼らが “Mossto” と呼ぶコーヒーチェリーのジュースを使った独自の生産処理プロセスです。
まず糖度20度以上のチェリーがセレクトピッキングされ、ミル内のカナルでフローターの除去と再度手選別が行われた上で、チェリーを洗浄。
その後、密閉タンク内に移し、コーヒーチェリーを絞ったモストジュースに浸し、カーボニックマセレーション(炭酸ガスを吹き込んで嫌気性発酵)を65時間行います。
その後果肉除去を行い、再度、モストジュースと共に20-22時間の嫌気性発酵を行います。
最後はタンクから取り出してパーチメント表面を洗浄し、14日掛けて乾燥して仕上げます。

コーヒーのチェリーで作られたモストジュースには、発酵過程で重要な酵素が多く含まれており、通常の化学反応に比べて、その作用は非常に高いと言われており、独特の風味をもたらすと言われています。

この豆の焙煎による味づくり

サンプルのカッピングの時から、嫌気性発酵による発酵の香りとモスト由来の複雑なフレーバーが際立ち、生産処理のクオリティの高さによる透明感が際立つ、生産者のセンスと技術力の高さが伺える素晴らしいコーヒーだと認識しました。

登場するフレーバーは、素材+(モスト×2)+発酵+生産処理と、そのフレーバーの成り立ちはとても複雑になります。
ゆえに、ひと口含んだコーヒーでも、フレーバーの余韻までをたどると、複雑なフレーバーが経過時間において変化していくことが理解できることでしょう。
それが、アナエロビック・ファーメンテーションにより複雑化するフレーバーの変化です。

このコロンビア・サントゥアリオ農園は、生産処理がとてもクリーンですので、ローストにおいても、そこのポテンシャルを引き出せるように取り組みます。

産地情報

生産地/農園名:
コロンビア・カウカ・ポパヤン / サントゥアリオ農園
生産者:
カミーロ・メリサルデ
生産処理場:
サントゥアリオ農園
生産処理情報:
ウォッシュド / アナエロビック・ファーメンテーション(シトラススイートネス)
標高:
1,850 ~ 2,100m
品種:
イエローブルボン
生産年度:
2021 - 2022

カッピング・プロフィール

甘さ(Sweet):
ジューシー(フルーツ感のある甘さ)
酸味(Acidity):
トロピカルフルーツ(白〜ピンク色のカカオフルーツ、ライチ)、シトリック(白いグレープフルーツの酸)、タータリック(白ぶどう)、ストーンフルーツ(核果の酸)
液体の質感(Mouth Feel):
スムースマウスフィール(ウォッシュドなのでクリーンな感じ):トランスペアレント
フレーバー(Flavor):
トロピカルフルーツ(黄色〜ピンク色のカカオフルーツ、白い色のライチ)、フジ系のリンゴ(バラの花の香りが入る)、白ぶどう、オレンジ色のストーンフルーツ、薄いピンク色のフローラル
Flavor(ベース):トロピカルフルーツ(カカオフルーツの酸やフレーバー)、シトラス(柑橘系の酸やフレーバー)
Flavor(ロースト由来):ジューシー(フルーツの甘さと粘性)
余韻(After-Taste):
ロングアシディティ
当店の評価(Point):
88.5

アナエロビック・ファーメンテーションを施した精製なので、とても複雑な酸とフレーバーが登場しています。

アナエロビック・ファーメンテーションの解説。
>アナエロビック・ファーメンテーション<シトラススウィートネス>のフレーバーの解説。

学ぶ。

Online Seminar

香茶屋では、店主である私が歩んできた道を分析し、感覚が成長していく歩み方を伝えてゆくことで、正しいロジックのもとで各講座の「学ぶ。」が運営されています。

オンラインセミナーの詳細へ

読み物。

Blog

© kaori-chaya